完全ワイヤレス・ヒアラブルのグローバル市場、約4,500億円規模に到達

完全ワイヤレス・ヒアラブルのグローバル市場、約4,500億円規模に到達

調査会社Counterpoint Technology Market Researcは、世界の完全ワイヤレス・ヒアラブルに関する最新調査結果を発表した。レポートによると、グローバル市場規模は、2019年第2四半期に3,300万台(約4,500億円)と前四半期比22%の成長を遂げている。

消費者のワイヤレス・ヒアラブルデバイスに対する関心は高まっており、最近の成長の勢いと、年末にかけての販促キャンペーンとが相まって、第4四半期にはさらに大きく成長することが予想され、2019年の市場を1.2億台規模に到達する見込みであると予測している。(調査データの詳細についてはリリースを参照)

 

[以下プレスリリースより]

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、完全ワイヤレス・ヒアラブルのグローバル市場規模は、2019年第2四半期に3,300万台(41億USドル・約4,500億円)となり、前四半期比22%の成長を遂げたという調査結果を含むHearables Market Trackerによる最新調査を発表致しました。

国別に市場を見ると、米国が全世界の31%を占め、単一四半期では初めて1,000万台を超えました。また、中国は、近年急速な伸びを見せていおり、第3四半期には前四半期比44%成長しました。

Appleは引き続き市場をリードしており、第2世代のAirPodsの売り上げを伸ばしていますが、第2位の位置にいる企業群の追い上げにより、そのシェアは第3四半期には45%と前期の53%から低下しました。Samsungは第2位の座を守れず、シェア6%の第3位へと後退しました。その反面、Xiaomiは第4位から2位へと躍進しました。これはRedmi Airdotsが20 USドル前後のコスパ商品と評価され、中国市場での売上が大きく伸びたことに起因します。

JBLとBeatsは、その後に続き、それぞれ4位と5位にランクインしました。両社の高級機種である、7月発売のJBL TUNE 120や、5月発売のBeats Powerbeats Proは、高音質とデザインの良さが消費者に評価され、マーケットシェアを大きく伸ばしました。中国の新興メーカーAmoiも躍進し、F9は主に中国国内市場で人気を集めました。Amoiは世界で第6位を獲得し、かつて低価格帯のリーダーであったQCYを抜き去りました。

近年の高機能機種であるApple AirPods Pro、Amazon Echo Buds、Microsoft Surface Earbuds、Jabra Elite 75tが市場に登場した以降、消費者のワイヤレス・ヒアラブルデバイスに対する関心は高まっています。最近の成長の勢いと、年末にかけて開始された独身の日、ブラックフライデー、クリスマスといった販促キャンペーンとが相まって、第4四半期にはさらに大きく成長することが予想されます。こうしたことから、カウンターポイント社では2019年の市場を1.2億台規模に到達する見込みであると予測しています。

カウンターポイント社のシニアアナリストLiz Lee氏は、以下のように述べています。
「完全ワイヤレス・ヒアラブルが最も役に立ち便利なスマートフォンアクセサリーであるという認識が、消費者の間に急速に浸透しつつある。不便なケーブルがなくなり、洗練されたデザインと、アクティブ・ノイズ・キャンセルのような先進機能があることが大きな購入動機になっている。また、完全ワイヤレス・ヒアラブルは、音声コミュニケーションを軸にした高付加価値を狙う、グローバルハイテク企業の商品戦略とも合致する。特に、Amazon、Microsoft、Googleといったテクノロジー業界のジャイアント企業が、AIスピーカーの機能をモバイルの世界に展開しようと参戦してきたことで、完全ワイヤレス・ヒアラブルも、よりスマートな機器へと進化し、現在のスマートフォンの機能の一部を代替するようになるだろう。」

図1: 2019年第3四半期の世界のヒアラブル市場

図2: 2019年第3四半期 メーカー別シェア

“Global True Wireless Earbuds (Hearables) Market Tracker by Brand & Regions: Q3 2019”は、report.counterpointinsights.comからお求め頂けます。

最新の調査、分析やプレスリリースに関するお問い合わせは、お気軽にpress@counterpointresearch.comまでおよせください。

【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/

関連記事

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

名刺アプリ「Eight」を提供するSansan株式会社が「Eightビジネストレンド調査2019」を発表した。これは同社...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」が900万ダウンロードを突破。今年、タクシー業界初となるアプリ限定の新たな運賃料...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer Japanは不正広告の被害増加や、スマートフォンの普及により急速に拡大を続けるアプリダウンロード広告...(続きを読む

2019年12月11日
ニュース

サイト内検索

ニュースでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

03-6409-6805
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ