マッチングアプリ「Tinder」、本国CEOが語るグローバルにおける成功の理由と日本市場の重要性

マッチングアプリ「Tinder」、本国CEOが語るグローバルにおける成功の理由と日本市場の重要性

マッチングアプリ「Tinder」が今月24日、『2019年 Tinder日本市場におけるブランド方針発表』を開催した。発表会では本国CEOのElie Seidman(エリー セイドマン)が登場し、サービス誕生のエピソードから世界的成功を収めた理由など、ついて語られた。

 

[以下、プレスリリースより]

世界最大級のマッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」(※1)は、2019年1月24日(木)に『2019年 Tinder日本市場におけるブランド方針発表』を行いました。

発表会には、本国CEOであるElie Seidman(エリー セイドマン)および日本におけるTinderマーケティング担当の久次米裕子が登壇し、「Tinder」のグローバルにおける成功の理由や2019年度の日本市場における展開について発表いたしました。

※1:ライフスタイルカテゴリーで、Tinderは14か国で1番ダウンロードされたアプリである。(2017, App Annie)

世界中でムーブメントを起こしている、ソーシャルマッチングアプリの先駆者「Tinder」

「Tinder」は、新しい出会いを提供するソーシャルマッチングアプリの先駆者であり、世界で最も人気のあるアプリのうちのひとつです。

マッチングアプリの機能として国内外で定着している“右スワイプ”という機能を独自に開発したのも「Tinder」。2012年のリリース以来、190か国以上の人々が“右スワイプ”で繋がっており、生み出した出会いの数は300億件以上。世界中で社会現象と言えるほどのムーブメントを起こしています。

CEOが語る、マッチングアプリ市場における「Tinder」成功の背景

Tinder_00_appbrain_nyle

発表会では、本国CEOであるElie Seidman(エリー セイドマン)が登壇し、世界中のマッチングアプリ市場における成功の理由と日本市場の重要性について言及しました。

冒頭では、サービスの誕生ヒストリーを紹介。友人が女性へのアプローチを躊躇している姿を見たときに、「自分に興味を持ってくれている相手を把握し、気楽にアプローチできる仕組み」の必要性に気付いたというエピソードを披露しました。

こうして開発された「Tinder」は、世界中でまたたく間に大ヒット。人々の出会いの在り方に大きな革新をもたらすとともに、有名な映画やドラマにも取り入れられたり、ドイツ語の辞書に掲載されたりするほど身近なものとなりました。

また、人々の生活の一部となった「Tinder」はビジネス的にも成功をおさめており、現在ゲームを除く全世界のすべてのアプリの中で2番目に多くの収益を上げているほか、ライフスタイルというカテゴリーの中では109か国で売上1位を誇るアプリとなっています。(※2)

 

Tinder_11_appbrain_nyle

Tinder_12_appbrain_nyle

Seidmanは、この成功について「私たちのDNAである“革新”が背景にある」と明言。意図的に開発したシンプルで直感的なデザインや、“右スワイプ”に代表される独自の機能を例に挙げながら、今後もマーケットリーダーとしての地位を強化すべく、ユーザーエクスペリエンスと新機能の開発に焦点を当てていくことを伝えました。

また、今回の発表会では日本市場の特徴と重要性についても言及。「日本はビジネス成長のため、非常に重要な位置づけ」と語りました。中でも、日本の「ミレニアル世代」との親和性に触れ、今回の来日もターゲットのライフスタイルの視察を目的としている旨を述べています。

※2:AppAnnie調べ(2017年)

日本のミレニアル層と「Tinder」ブランドの親和性

続いて、日本におけるマーケティング担当の久次米裕子が登壇し、「Tinder」日本市場の特性について紹介しました。まず特徴的なポイントとして挙げたのが、日本市場においてはユーザーの8割がミレニアル世代であるという点。日本のミレニアル世代と「Tinder」の親和性について言及しました。

Tinder_01_appbrain_nyle


さらに、日本のユーザーは、他国とは異なる特徴を持っている点も紹介。例えばプロフィールの表記においても、アメリカなど他国では「おもしろい」「スマート」など自分をポジティブに見せる言葉がよく使われますが、日本では「シャイ」「オタク」などの言葉が多く用いられます。

登壇した久次米は、日本のミレニアル層は「Tinder」で出会った相手に対して限りなく「等身大の自分」を見せようとするなど、コミュニケーションに対してリアリティを求める傾向があると分析。あわせて、こうした日本のミレニアル世代の傾向は、「ブランドアイデンティティーである“公平性・包括性”の思想と共通するものである」と語りました。

 

Tinder_13_appbrain_nyle

Tinder_14_appbrain_nyle


また、日本での今後の展開としては、さらなるユーザーエクスペリエンスを提供すべく、ターゲットの意見により耳を傾けていく姿勢であることを説明。特に、女性に優しいコミュニティの形成を達成することを目指し、セキュリティ強化に向けたアプリのアップデートをおこなっていくことを発表しました。「Tinder」では、出会いにより生まれる新しい経験や発見を提供する「ソーシャルアプリ」として、今後さらなる進化を目指していきます。



【アプリ概要】
公式サイト:https://www.gotinder.com/
対応端末:iPhone/Android
価格:ダウンロード無料
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/tinder/id547702041
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tinder&hl=ja
開発・運営:Tinder Inc.

関連記事

FinTech(フィンテック)企業カオスマップ2019年最新版を無料公開

FinTech(フィンテック)企業カオスマップ2019年最新版を無料公開

仮想通貨情報メディア「MAStand」を運営する株式会社レタドールが、国内FinTech企業のカオスマップを無料公開した...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース
スマートフォンの機能に対するミレニアル世代の意識調査、キーワードは「シェアラブル」

スマートフォンの機能に対するミレニアル世代の意識調査、キーワードは「シェアラブル」

Galaxyは23日、マーケティングリサーチを行うディグラム・ラボ株式会社と実施した「スマートフォンの機能に対する意識調...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース
カンム、「バンドルカード」認知度アップをめざして初のテレビCMを開始

カンム、「バンドルカード」認知度アップをめざして初のテレビCMを開始

チャージ式のプリペイドカード「バンドルカード」を提供する株式会社カンムが、今月25日より初のテレビCMを開始することを発...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース

ニュースでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

03-6409-6805
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ