TVCMの放映によるアプリ利用の変化には短期と中長期「2つの波」が存在(フラー×エム・データ共同調査)

TVCMの放映によるアプリ利用の変化には短期と中長期「2つの波」が存在(フラー×エム・データ共同調査)

アプリ分析プラットフォーム「App Ape」を提供するフラーは、マーケティング施策としてTVCMがアプリのグロースにどう寄与するのかを可視化することを目的に行った「モバイルアプリに関するTVCMの放映回数・時間とアプリ利用についての調査」の結果を公開した。本調査は、テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データとの共同調査によるもので、特設ページにて無料入手可能(詳細についてはリリースを参照)

 

[以下プレスリリースより]

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社(本社:千葉県柏市、 代表取締役:渋谷 修太・櫻井 裕基、 以下「フラー」)は、 テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都港区、 代表取締役:関根 俊哉、 以下「エム・データ」)と共同で、 モバイルアプリに関するTVCMの放映回数・時間とアプリ利用についての調査を実施しました。

TVCMというマーケティング施策がアプリのグロースや運営にどのような形でどれくらい寄与するのかを可視化するため、 共同で調査したものです。 調査結果についての詳細なレポートは、 下記の特設ページにて無料配布いたします。 今回は調査結果の一部を紹介します。

特設サイトURL: https://lab.appa.pe/2019-11/m-data-and-app-ape-report.html

調査結果のポイント
アプリの成長に効くTVCM施策は大きく分けて2つの波が存在し、 マーケティング施策を打つ企業の思惑や狙いについて、 TVCMの回数とアプリの利用動向を掛け合わせたデータからある程度読み取ることができることが明らかとなりました。

1. TVCM放映期間中の短期的なアプリの成長を狙った「山波」タイプ
TVCMの放映回数・時間に明確な「山波」があるアプリは、 ユーザーの利用を示すDAUやインストールなどの指標も連動して大きく跳ね上がりました。 短期間に集中してTVCMを打ち出すことで、 その期間中のアプリのグロースの最大化を図っている様子が垣間見える結果となりました。

2. 長期のTVCM放映で息の長いアプリの成長やユーザーの維持を狙った「さざ波」タイプ
一方、 キャンペーンなどで放映回数の多少はあるものの、 長期にわたり「さざ波」のようにTVCMを放映するアプリは、 TVCMの放映の瞬間にユーザーの利用を示す指標が大きく動くことはないものの、 長期のアプリの成長や規模の維持につながっており、 アプリのグロースに関する息の長い施策の一端をTVCMで補完する様子が見えました。

 

データのご紹介(一部、 レポートでは実際のアプリ名を紹介しています)
1.ゲームアプリA:「山波」タイプ

ゲームアプリのAは、 大小のキャンペーンを使い分けており、 最大で週当たり150回を超えるTVCMを投下しています。 規模の大きなキャンペーンは、 DAUの増加に確実に寄与している姿がデータから見て取れます。 特に2018年10月のキャンペーンでは、 新規インストールも大きく伸ばしており、 TVCMの大きな山波を形成しながら。 アプリのユーザー獲得につなげました。

2.ニュースアプリB:「さざ波」タイプ

ニュースアプリBは、 定常的に一定量のTVCMを投下し、 長期的な成果を狙っています。 2019年2~3月に放送回数を最大で週当たり約110回と定常の2倍に増やしたキャンペーンでは、 ユーザの呼び戻しに成功したもようです。 日常的にテレビを視聴するユーザーを意識したTVCM出稿でインストールを安定確保している様子がデータから垣間見ることができます。

特設サイトURL: https://lab.appa.pe/2019-11/m-data-and-app-ape-report.html

調査の概要
TVCMというマーケティングの施策がアプリのグロースにどのような形でどれくらい寄与するのかを可視化するため、 主要なアプリのTVCMの放映回数とアプリ利用の関係についての共同調査を実施しました。

対象期間: 2018年4月~2019年3月
対象データ: エム・データで蓄積する「TVメタデータ」、 App Apeで蓄積するアプリ利用推計データ(サンプル数約3万)

株式会社エム・データについて
株式会社エム・データは、 テレビ放送(番組およびCM)の放送実績を独自にテキスト化したデータベース「TVメタデータ」を生成して、 調査・分析・配信を行なっている、 2006年に設立されたデータプロバイダ・リサーチカンパニーです。 2014年1月に、 民放キー局(在京5局)等と資本提携し、 デファクトスタンダードなデータベースを構築しており、 主なサービスには、 番組やTVCMの放送内容を詳細に記録した「TVメタデータ」を提供する「1.データ配信サービス」、 お客様のご要望に応じて調査・分析を行なう「2.放送実績調査サービス」、 放送された話題を露出・報道量等で集計したランキング形式で配信する「3.ランキングサービス」、 「TVメタデータ」を基点としたビッグデータ解析ツール「4.TV Rank」の提供や企業のマーケティング支援、 メディアコンサルティング業務等があります。

URL : https://mdata.tv/

App Apeとは?スマホユーザーを最も理解できるサービス


App Ape(アップ・エイプ)は、 スマホアプリの実利用データを提供する、 国内No.1*のアプリ分析サービスです。 (*Fastask調べ)
テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、 どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータをご覧いただけます。 データは国内のみならず、 世界7カ国に対応しております。

スマホアプリの実利用データに加え、 ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、 市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングに 幅広くご利用いただけます。
アプリ開発会社や広告代理店・金融機関など、 アプリに関わる法人・個人様にご活用いただいており、 これまでに国内外5,000社以上の企業・団体様にご利用いただいております。

App Apeの詳細ページ: https://ja.appa.pe/

 

会社概要
会社名: フラー株式会社
住所: 千葉県柏市若柴 178 – 4 柏の葉キャンパス 148 – 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、 櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL: https://fuller-inc.com

 

関連記事

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

名刺アプリ「Eight」を提供するSansan株式会社が「Eightビジネストレンド調査2019」を発表した。これは同社...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」が900万ダウンロードを突破。今年、タクシー業界初となるアプリ限定の新たな運賃料...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer Japanは不正広告の被害増加や、スマートフォンの普及により急速に拡大を続けるアプリダウンロード広告...(続きを読む

2019年12月11日
ニュース

サイト内検索

ニュースでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

03-6409-6805
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ