世界のスマートウォッチ出荷、2019年第1四半期に前年同期比で48%成長を遂げるも、その3台に1台をApple Watchが占める。

世界のスマートウォッチ出荷、2019年第1四半期に前年同期比で48%成長を遂げるも、その3台に1台をApple Watchが占める。

調査会社Counterpoint Technology Market Researchが、自社のGlobal Smartwatch Trackerサービスによる最新調査を発表。レポートでは、「世界のスマートウォッチ出荷」における各社のシェアや、市場の変化についてコメントされている。


[以下プレスリリースより]

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、 カウンターポイント社)は、 世界のスマートウォッチ出荷は、 Apple、 Samsung、 Fitbit、 Huaweiが市場を牽引し、 2019年第1四半期に前年同期比で48%の健全な成長をみせたという調査結果を含む、 自社のGlobal Smartwatch Trackerサービスによる最新調査を発表致しました。

この市場の主な変化について、 カウンターポイント社のリサーチアナリスト、 Satyajit Sinha氏は以下のようにコメントを述べています。 

「iPhoneの需要は弱いが、 Apple Watchは前年比49%のしっかりした成長を遂げている。 同社のApple Watch Series 4は、 心電図(ECG)や転倒検知の様なヘルスケア関連の機能に引き続き重点を置いている。 私たちのConsumer Lensサーベイによれば、 Apple WatchのECG機能が一番欲しい機能として挙げられている。 今やAppleは、 ECG機能の認可を、 香港と他の19の国の保健当局から取得しており、 これにはフランス、 ドイツ、 イタリア、 スペイン、 英国が含まれる。 」

Sinha氏はさらに以下の通り続けてコメントを述べています。 

「ヘルスモニタリングのための心拍センサー、 フィットネスのためのGPSと歩数計、 それに支払いのためのNFCは、 ウォッチに搭載されているキー技術である。 これらの技術を使うユースケースや、 携帯の基地局との通信による通知機能が、 スマートウォッチ購入の動機となっている。 その一方、 地域や価格帯に関係なく、 電池寿命が短いことが購入を決める上での懸念点として挙げられている。 」


図1: 世界のスマートウォッチ出荷 2018年Q1と2019年Q1での各社のシェア

Apple以外の企業の業績について、 シニアアナリストのSujeong Lim氏は以下のように述べています。 

「Samsungは、 前年同期比127%の指数関数的成長をとげ、 2019年第1四半期にはシェア11%に躍進した。 これは、 電池寿命に優れ、 時計本来の丸型デザインを採用した最新のGalaxyウォッチシリーズによるものである。 加えて、 同社のスマートウォッチは、 携帯のLTE規格で通信できることが、 同じくAndroidスマートフォンユーザーをターゲットとした他社と比べた時の優位性となっている。 このスマートウォッチは、 Androidおよび既存の膨大なSamsungユーザーにとって、 Apple Watchに代わる有力な選択肢となっている。 」

Huaweiのシェアは、 一気に3%の成長を遂げました。 これは最新のHuawei Watch GTによるものです。 キャッチーなデザイン、 手頃な価格、 成長するHuaweiブランドのイメージ、 それに同社の既存スマートフォンユーザー層が需要を生み出しました。 また、 HuaweiはHuaweiブランドでスマートウォッチを、 スマートバンドはHONORブランドで、 とそれぞれ重点化する販売戦略にシフトしています。 

スマートウェアラブルにおけるイノベーションに関して、 アソシエイトディレクターのBrady Wang氏は、 以下のようにコメントを述べています。 

「折り畳みディスプレイは、 スマートウォッチにも搭載されてきた。 Nubiaは、 スマートフォン+スマートウォッチの機能を提案し、 手首につけるデバイスにスマートフォン並みの能力を搭載した。 Nubia Alphaのユーザーインターフェースは、 ジェスチャコントロール、 画像認識による操作ショートカット、 画面上のアプリの移動などを備えており、 汎用的でユーザーフレンドリーである。 とはいえ、 今はまだスマートウォッチのフォームファクター(大きさや形状)については進化が始まったばかりである。 新しいフォームファクターが成立するには、 いろいろな面で従来のものを上回らなくてはならない。 よりかさばらない、 頑丈なのにスタイリッシュ、 断片化されず直感的にわかりやすいソフトやUI、 といった進化が必要である。 曲げられるディスプレイをもつスマートウォッチが市場の主流になるのは、 2025年以降であると、 我々はみている。 」

スマートウォッチに関する最新の詳細な調査については、 弊社のポータルをご覧下さい。 

【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。 主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、 月報、 個別プロジェクト、 およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。 主なアナリストは業界のエキスパートで、 平均15年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。 
公式ウェブサイト:  https://www.counterpointresearch.com/

関連記事

FinTech(フィンテック)企業カオスマップ2019年最新版を無料公開

FinTech(フィンテック)企業カオスマップ2019年最新版を無料公開

仮想通貨情報メディア「MAStand」を運営する株式会社レタドールが、国内FinTech企業のカオスマップを無料公開した...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース
スマートフォンの機能に対するミレニアル世代の意識調査、キーワードは「シェアラブル」

スマートフォンの機能に対するミレニアル世代の意識調査、キーワードは「シェアラブル」

Galaxyは23日、マーケティングリサーチを行うディグラム・ラボ株式会社と実施した「スマートフォンの機能に対する意識調...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース
カンム、「バンドルカード」認知度アップをめざして初のテレビCMを開始

カンム、「バンドルカード」認知度アップをめざして初のテレビCMを開始

チャージ式のプリペイドカード「バンドルカード」を提供する株式会社カンムが、今月25日より初のテレビCMを開始することを発...(続きを読む

2019年05月24日
ニュース

ニュースでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

03-6409-6805
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ