ironSource、アプリ内ビディングソリューション「LevelPlay」をリリース

ironSource、アプリ内ビディングソリューション「LevelPlay」をリリース

ironSourceは今月23日、アプリ内ビディングテクノロジー「LevelPlay」を正式にリリース。ローンチ時点でサポートされるアドネットワークは AdColony、 Tapjoy、 ironSourceの3ネットワークで、順次ネットワークが追加される予定とのこと。

 

[以下プレスリリースより]

2019年10月23日、 イスラエル・テルアビブ — 業界を率先するモバイルマーケティングおよびマネタイズ企業のironSourceは本日、 アプリ内ビディングテクノロジー「LevelPlay」を正式にリリースしました。 LevelPlayにより、 ironSourceのマネタイズプラットフォームを利用するデベロッパーはシームレスにビディングへの移行ができるだけでなく、 広告枠における競争性を加速しイールドや収益性の最大化を実現します。 ローンチ時点でサポートされるアドネットワークは、 AdColony、 Tapjoy、 ironSourceの3ネットワークで順次ネットワークが追加される予定です。 すでに、 Amanotes、 Playgendary、 Random Logic、 Ilyon、 RollicやGismartなどのデベロッパーはLevelPlayを利用しています。

ironSourceのVP Product Developer SolutionsのNimrod Zutaは「2019年はアプリ内ビディングの年であり、 市場全体で技術面における適応や導入が大きく進んでいます。 最前線で活躍するデベロッパーのニーズに応えるためにイチから設計したこのプロダクトを、 アプリ内ビディングのポテンシャルを発揮できる環境が整ってきたこのタイミングでリリースできることを非常に嬉しく思います。 」と述べています。

LevelPlayのアプリ内ビディングソリューションは、 効率、 透明性や費用対効果を追求するデベロッパーにとって、 多くの恩恵をもたらします。 ゲームデベロッパー向けに設計された本ソリューションは、 アドネットワークやバイヤーがインプレッションごとにリアルタイムで入札することにより、 バイヤーにとってはより公平で競争性の高い入札環境となり、 パブリッシャーにとっては収益増加のポテンシャルを発揮しやすい環境となります。

また、 ビディングのプロセスが自動化されることにより、 国や広告ユニットごとにインスタンスやフロアプライスを設定する従来のウォーターフォール最適化運用が不要となり、 パブリッシャーの運用リソースを大幅に削減することが可能です。 本ソリューションのテクノロジーは、 リアルタイムで行われるビディングにより高精度に自動化されたエコシステムを構築します。 そのため、 長大なウォーターフォールによるレイテンシーの問題も大幅に改善することがきます。 LevelPlayはパブリッシャーが自らコントロールしやすいようにハイブリッドソリューションとして、 従来のマルチインスタンスによるウォーターフォールと併用して利用することができるように設計されています。

Random Logic GamesのCEO, Andrew Stone氏は「ironSourceメディエーションにてアプリ内ビディングを利用した結果、 非常にポジティブな体験となりました。 テストの初期段階でパフォーマンスの飛躍的な向上が確認できたため、 ビディング導入のアプリをどんどん増やしていくつもりです。 運用面においては、 時間やコストを大幅に削減しつつも収益性を最大化することができました。 」とコメントしています。

本ソリューションのリリースは、 市場全体においてアプリ内ビディングがポテンシャルを発揮できる環境が整ってきたタイミングと重なります。 主要なSDKネットワーク各社によるビディングソリューションが続々とリリースされているため、 パブリッシャーは従来のSDKネットワーク経由の収益を損なうことなく、 アプリ内ビディング環境へ移行することができます。 また、 ironSourceが本年3月にリリースしたA/Bテストツールを利用することにより、 最小限のリスクでアプリ内ビディングと従来のウォーターフォールの収益性をテストすることができます。

これに対して、 ironSourceのVP Product Developer SolutionsのNimrod Zutaは以下のように述べています。 「ビディングへの移行という、 マネタイズ施策の根幹におよぶ大きな変化について、 A/Bテストを通じてその影響をしっかり検証しインサイトを提供する技術が必要であると考えました。 ironSourceの提供するA/Bテスト機能を活用することにより、 アプリ内ビディングの効果や影響を細かく分析し、 よりスマートにマネタイズ運用ができるようになるでしょう。 」

 

ironSourceについて
ironSourceは、 世界中のトップゲームデベロッパーに利用されている業界最先端のグロースエンジンを提供しています。 ironSourceの提供するモバイル広告メディエーションプラットフォームとアドネットワーク、 ユーザー獲得プラットフォームにより、 マネタイズとマーケティングの循環を生み出し、 デベロッパーのゲームを成功するビジネスへと導きます。 2010年の設立以来、 グローバル企業として、 テルアビブ、 ニューヨーク、 サンフランシスコ、 北京、 深圳、 バンガロー、 ソウルと東京に展開しています。 詳しくは http://www.ironsrc.com まで。

関連記事

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

Sansan、「Eightビジネストレンド調査2019」を発表

名刺アプリ「Eight」を提供するSansan株式会社が「Eightビジネストレンド調査2019」を発表した。これは同社...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

No1タクシーアプリ『JapanTaxi』900万ダウンロード突破 法人向けサービス『JapanTaxi BUSINESS』利用登録1,000社突破と好調!

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」が900万ダウンロードを突破。今年、タクシー業界初となるアプリ限定の新たな運賃料...(続きを読む

2019年12月13日
ニュース
AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer、事業拡大に伴い渋谷にオフィスを移転

AppsFlyer Japanは不正広告の被害増加や、スマートフォンの普及により急速に拡大を続けるアプリダウンロード広告...(続きを読む

2019年12月11日
ニュース

サイト内検索

アプリマーケティングでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

03-6409-6805
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ